医院紹介

TOP > 医院紹介

ごあいさつ
ひとりでも多くの方に矯正治療を知っていただけるように、矯正相談は無料で行っております。当院では、審美面だけでなく噛み合わせを重視した矯正治療を心がけています。また、障害者自立支援ならびに顎口腔機能診断料算定の指定医療機関となっておりますので、保険診療での手術を併用した矯正治療にも対応しています。お子様から大人の方までお気軽にご相談ください.

玉谷 直彦 (歯学博士)

日本成人矯正歯科学会 認定医

経歴

1995年 福井県北陸高校 卒業

2001年 鶴見大学歯学部歯学科 卒業

2001年 鶴見大学病院臨床研修医

2002年 都内 矯正歯科医院 勤務

2004年 昭和大学矯正学教室専攻生、員外助手

2005年 大塚矯正歯科クリニック 勤務 (品川区)

2013年 たまや矯正歯科 開院

2018年 岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 応用情報歯学 入学(社会人大学院)

2021年 日本成人矯正歯科学会認定医 取得

2022年 岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 卒業

歯学博士(DDS,PhD)岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 博甲第6617号  Tooth Movement Efficacy of Retraction Spring Made of a New Low Elastic Modulus Material, Gum Metal, Evaluated by the Finite Element Method. – 博士(歯学) – 学位・専攻分野 一覧 – 岡山大学学術成果リポジトリ (okayama-u.ac.jp)

院長

 

筆頭著者(first author)論文

Tamaya N, Kawamura J, Yanagi Y. Tooth Movement Efficacy of Retraction Spring Made of a New Low Elastic Modulus Material, Gum Metal, Evaluated by the Finite Element Method. Materials (Basel). 2021 May 29;14(11):2934.  【article】【博士学位論文】
https://www.mdpi.com/1996-1944/14/11/2934

玉谷直彦. 上顎正中の右側偏位を伴う骨格性下顎前突症例. 日本成人矯正歯科学会誌 2018;25(2):25-31【症例報告論文】

共著論文

Kawamura J, Tamaya N. A finite element analysis of the effects of archwire size on orthodontic tooth movement in extraction space closure with miniscrew sliding mechanics. Progress in Orthodontics. 2019 Jan 21;20(1):3.  【article】   https://progressinorthodontics.springeropen.com/articles/10.1186/s40510-018-0255-8

Kawamura J, Park JH, Kojima Y, Tamaya N, Kook YA, Kyung HM, Chae JM.Biomechanical analysis for total mesialization of the maxillary dentition: A finite element study. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2021 Jun;159(6):790-798. 【original article】

Kawamura J, Park JH, Kojima Y, Tamaya N, Kook YA, Kyung HM, Chae JM. Biomechanical analysis for total distalization of the maxillary dentition: A finite element study. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2021 May 7:S0889-5406(21)00252-3. 【original article】    

Kawamura J, Park JH, Tamaya N, Oh JH, Chae JM. Biomechanical analysis of the maxillary molar intrusion: A finite element study. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2022 Jan 12:S0889-5406(21)00833-7. 【original article】

河村純, 玉谷直彦. 個別モデルを用いた犬歯牽引スプリングによる矯正移動の有限要素シミュレーション. 日本成人矯正歯科学会誌 2016;23(2):6-10. 【原著論文】

横井由紀子, 荒井敦, 河村純, 玉谷直彦, 大須賀直人, 岡藤範正. 歯科矯正における歯の移動の力学2 -有限要素シミュレーション-. 日本顎咬合学会誌 2018;38(3):215-224.【総説論文】

河村純, 玉谷直彦. 舌側矯正におけるスライディングメカニクスによる前歯舌側傾斜のメカニズム-有限要素法による検討-日本舌側矯正歯科学会誌 2020;30:5-13.【総説論文】

出版物

河村純, 玉谷直彦. ビジュアルで見る矯正歯科シミュレーション 有限要素法によるアライメント・レベリングのメカニクス. The Quintessence 2019 Jun;38(6):121-127.

河村純, 玉谷直彦. バイオメカニクスを考慮した矯正歯科シミュレーションの臨床応用.DENTAL DIAMOND.2022 Jun;47(8):154-159.

所属学会

日本成人矯正歯科学会
日本矯正歯科学会
日本顎咬合学会